トップ

葬儀に対してのこだわり

葬儀の形式に関して

直葬

葬儀の種類と特徴とは

葬儀の形式の種類には、仏式、神道式、キリスト教式など宗教によるものと、無宗教によるものがあります。無宗教のものには、自由葬、音楽葬、偲ぶ会や生前葬などがあります。また規模を表すものとして、一般葬、密葬、家族葬、社葬などがあります。日本人の役9割が、僧侶の読経を伴う仏式で執り行っているのが特徴ですが、最近では形式や世間体を気にせず故人らしさを出した式を志向する人が増えています。法律では、死亡後24時間を経過していないと、火葬してはいけない。という決まりがありますが、儀式に関する法的決まりはありません。葬儀に対してこだわりたいことがあれば、イメージを明確にもっておくことが必要です。

様々なお葬式の種類とは

家族が亡くなった場合は葬儀を行う必要がありますが、家族や親族、友人など故人の縁がある方全てを対象とした一般葬は非常に高額な費用を要し、その平均額は200万程度と言われています。そういった費用の捻出が難しい場合は、小規模な葬儀を選択することも可能となります。その種類は様々であり、最も費用を抑えることができるのが、通夜や告別式を行わず、火葬のみを行う直葬となります。直葬は宗教的な儀式を必要としないことが特徴となりますので、自由なスタイルで故人を送り出すことが可能です。また、ある程度の儀式的要素が必要な場合は、家族のみで行う家族葬の選択もあり、一般葬よりも大幅に費用を抑えることが可能となります。

新着情報

↑PAGE TOP