トップ / 負担を少なくする葬儀

負担を少なくする葬儀

故人の親しい人の葬儀

直葬

葬儀には火葬場で送る直葬がある

近年行われている葬儀には、いくつかの種類があります。そのなかのひとつに直葬とよばれているものがあります。これは、近親者や友人など故人との関係が深い人たちだけが、火葬場でお別れをするのが特徴といえます。このお別れの際には、僧侶に依頼してお経をあげてもらうこともできます。簡素な送り方を望んでいる遺族や故人、経済的な負担をできるだけ少なくしたいと考えている遺族の方が、選択する葬儀の形になります。以前は、身寄りのない故人が行うことが多くありましたが、最近ではこれらの理由から、直葬が年々増えてきているようです。

お葬式の種類の一つに直葬

葬儀のスタイルも変化しており、多くの種類があります。その中でも直葬という火葬のみを行うスタイルが増えています。直葬の特徴として通夜や告別式を省くケースがほとんどなのでリーズナブルな費用で行える為、宗教に対してこだわりの無い人や独り身の方や親戚付き合いがさほど多くない人が利用するケースが多いです。残された家族へ費用面などで迷惑をかけない為に生前に見積もりを取る人も増えています。しかし通夜や告別式がない為、個別に自宅へ弔問に訪れる場合も多くなる点や親戚の一部からは反対の意見がでるケースも多い為、この葬儀を行う際は注意が必要です。

↑PAGE TOP