トップ / 初めて葬儀を行うときは

初めて葬儀を行うときは

葬儀の準備の進め方

直葬

葬儀の準備は家族で相談

人間はいつか必ず死がやってきます。年齢順でもなく、ふだん元気な人が急に亡くなることもあります。家族は悲しみに浸る余裕もなく、葬儀の準備をしなくてはなりません。まずどこでするかを決めます。葬儀屋さんがきたら、お坊さん、香典返しの品、通夜と葬式の日時をきめ、故人の親戚や友人に連絡します。挨拶の内容や、個人をお風呂に入れるか、戒名の字数など決めることが次々とあります。気が動転して、業者の言われるままにしていると、あとで、すごい金額を請求されます。家族や年配の信頼できる人に相談しながら進めるのが賢明です。

地域によって違う葬儀のマナー

葬儀に参列しなくていけない場面は誰にでも訪れますが、始めからマナーを理解している人は少ないのが実状です。故人の冥福を祈る事が目的なのは皆同じですし、服装も基本となる最低限のマナーがあります。ですが使用する香典袋の種類や御焼香の仕方など、細かいマナーは地域や宗教などによって違ってきます。参列者に不快感を感じさせてしまわないように、常日頃から地元の方に葬儀の特徴などを教えて貰うと失敗しなくて済みます。

↑PAGE TOP