トップ / 葬儀の1つの家族葬と密葬

葬儀の1つの家族葬と密葬

葬儀も形式は色々ある

直葬

それぞれ違う葬儀の特徴

現在は、葬儀にもいろいろな種類がとりおこなわれるようになりました。最近定着し始めた家族葬とは、故人の家族をはじめとし、親戚や親しい友人など、ごくごく少ない人数で通夜から納骨までをとりおこなうことをいいます。特に決まりや定義があるわけではなく、少人数で行うため、家族の時間や費用の負担が少なくすむことが特徴です。密葬とは、事情により世間に公開せずにとりおこなう火葬をともなう葬儀のことです。参列者は同じように、家族と限られた親しい友人になりますが、密葬は家族葬と違い、後日改めて本葬があげられるということです。

故人の事情によるお葬式の種類

葬儀と言っても沢山の種類があり、故人の付き合い、家族、年齢などや、親族の考え方などにより決まって来ます。一般的には遺族や親族、親しい人、仕事関係の人にも会葬して貰う形が多く、代表者が亡くなった時の会社が中心となって行う社葬もあります。最近では、遺族や身内だけで行う家族葬や密葬も増えています。このふたつの違いですが、家族葬は会葬人数が20人から30人程度の場合が多く、家族と本当に親しい人達だけで別れを惜しみたい、経済的な負担を軽くしたいと考える人に人気があります。昔から本葬前に内々でお別れをし、先に火葬を済ましてしまう事を密葬と呼んでいましたが、自殺などの事情によって、公にしない場合を指す事もあります。後悔のない葬儀方法で故人とお別れをしたいものですね。

↑PAGE TOP